燐鉱石貯蔵庫跡

燐鉱石貯蔵庫跡

 開拓当初、技術不足のために挫折した燐鉱石採掘事業でしたが、第一次大戦で燐鉱石の価格が上がったため、大正7年に再開され、最盛期には年間22068トンもの燐鉱石を搬出、出稼ぎ者によって島の人口は2700人にまで膨らみました。戦後、米軍管轄下に置かれたのち、昭和25年には閉山しました。

 貯蔵庫の隣には乾燥工場がありました。大型ドライヤーで燐鉱石を乾燥させていたそうですが、現在は煉瓦造りの廃墟が残っているだけです。

2002-2019 Copyright © Kitadaito Village Office. All rights reserved.