島の紹介 / 島の観光 / 島の自然 / 島の歴史 / 島の暮し / 島の情報 / 行政情報
 
   
 

>> 島の紹介

 
         
 

島の位置と概要 - 島の紹介

 沖縄本島の東方約360kmに位置する北大東村は、沖縄でもっとも早く朝日が昇る島で、北大東島と沖大東島の二つの島からなってます。気候は亜熱帯海洋性気候に属し、一年を通して暖かく、降水量は少ないものの、頻発する台風により雨水がもたらされています。
 北大東島は、珊瑚環礁が隆起してできた島で、中央部は盆地のように窪んでおり、大小20数個の沼や湿地が散在しています。盆地の周りを屏風のように連なる小高い丘が取り囲み、防風林として島を台風などの災害から守ってきました。
 北大東島から南にある、ほぼ三角形をした沖大東島(ラサ島)は、北大東島の約10分の1の面積です。戦前は燐鉱石の産地として活気にあふれていましたが、現在は無人島となり、米軍の射撃場に使用されています。

北大東島の位置

北緯:25度56分55秒
東経:131度17分27秒(黄金山頂上)

東西:4.85km
南北:約3.05km
周囲:13.52km
面積:11.94km2
年平均気温:摂氏23度(20ヵ年平均、以下同じ)
7月の平均気温:28.3度
1月の平均気温:16.9度
年降水量:1.742mm

沖大東島の位置

北緯:24度27分57秒
東経:131度11分23秒

周囲:4.5km
面積:1.15km2
年平均気温:摂氏24度(4ヵ年平均、以下同じ)
7月の平均気温:28.6度
1月の平均気温:19.4度
年降水量:1.269mm

 
         
     

▲TOP